アクセスカウンター

   サポートカンパニー

オフィシャルサプライヤー

ユニフォームスポンサー

2014年

5月

20日

高陽学園サッカースクール(5月16日(金))

みなさん、こんにちわ!!

広島エフ・ドゥスタッフの山口です。

 

 

 

もう早いもので3回目となりました高陽学園サッカースクール。

今回も私と近藤で、サッカー指導をおこなってきましたので

その様子をお伝えいたします。

 

 

 

今回は、すこしサッカーの基本技術を子どもたちに指導しました。

それは「ドリブル」です。

※ドリブルを行っている写真がありません。すみません(><)

 

 

 

 

「ドリブルって知ってる?」という問いかけに対して、

 

 

「知ってる!!」

「お兄ちゃんがやってた!!」

という声が多く帰ってきたのは驚きました。

 

 

サッカーってやっぱりこんなに小さい子どもたちにも

普及しているすごいスポーツだなとあらためて実感。

 

 

しかし、知らない子どもたちも同数くらいいるので、

丁寧に指導をしていかなければいけませんね。

 

 

 

今回のドリブルの練習は、1m先に設置したコーンをドリブルしながら、

回ってスタート地点に戻ってくる練習です。

 

 

 

コーチの笛でスタート!!

 

 

みんな走り+ボールを蹴るという動作になれていないので

あっちいったりこっちいったり(笑)

 

 

最初はそんなものなので、

「ゆっくりでいいよ」と声かけをしたり

「こっちだよ」と手招きしたり。

 

 

うまくできなかったようですが、みんな楽しそうでした。

 

 

 

ドリブルが終わったら、水分補給をして、試合です!!

 

 

この日は快晴で気温はたかったですが、

子どもたちはもちろん元気いっぱいです。

 

コーチ二人は元気な子どもたちについていくのがやっとでした(笑)

 

 

 

子どもたちはルールを把握してきたようで、なかなかスムーズな試合運び。

 

 

キーパーの子も、積極的に手を使えるエリアでボールを取りに行くこともあったので

みんな徐々に試合になれてきたようすです。

 

 

 

次回は5月28日(水)です。

次回はドリブルのおさらいとシュートの練習も取り入れていきたいと思います。